国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 I50

56 歳の男性。胸部圧迫感を主訴に来院した。 6 か月前に肺内転移を伴う肺腺癌と
診断され抗癌化学療法を行った。その後、経過観察していたが、 2 日前から胸部不
快感があり次第に胸部圧迫感を伴うようになったため受診した。身長 172 cm、体
重 63 kg。体温 37.3 ℃。脈拍 116/分、整。血圧 88/58 mmHg。呼吸数 24/分。
SpO2 94 %(room air)。Ⅰ音とⅡ音とが減弱している。呼吸音に異常を認めない。
血液所見:赤血球 398 万、Hb 10.9 g/dL、Ht 33 %、白血球 4,300、血小板 14 万。
血液生化学所見:総蛋白 6.5 g/dL、アルブミン 3.2 g/dL、AST 58 IU/L、ALT 63
IU/L、 尿 素 窒 素 12 mg/dL、 ク レ ア チ ニ ン 0.9 mg/dL、Na 131 mEq/L、K 4.4
mEq/L、Cl 97 mEq/L、CEA 24 ng/mL(基準 5 以下)。CRP 2.3 mg/dL。胸部エッ
クス線写真(別冊 No. 15A)と胸部造影 CT(別冊 No. 15B)とを別に示す。
治療として適切なのはどれか。

a 抗凝固薬投与
b 心囊ドレナージ
c 気管支拡張薬投与
d 気管支動脈塞栓術
e 副腎皮質ステロイド投与

I50.jpg
























  

解答 b