国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 I49

75 歳の男性。乾性咳嗽と発熱とを主訴に来院した。 5 日前に湿性咳嗽、喀痰お
よび発熱が生じたため自宅近くの診療所を受診し、非ステロイド性抗炎症薬と抗菌
薬とを 5 日分処方された。内服 3 日目には解熱したが 5 日目に乾性咳嗽と発熱とが
出現したため再び診療所を受診し、胸部エックス線写真で異常を認めたため紹介さ
れて受診した。身長 165 cm、体重 63 kg。体温 37.3 ℃。脈拍 64/分、整。血圧
132/64 mmHg。呼吸数 20/分。咽頭に発赤を認めない。頸静脈の怒張を認めない。
心音に異常を認めない。両側に fine crackles を聴取する。下腿に浮腫を認めない。
血液所見:赤血球 376 万、Hb 13.7 g/dL、Ht 35 %、白血球 10,100(桿状核好中球
4 %、分葉核好中球 76 %、好酸球 3 %、好塩基球 0 %、単球 5 %、リンパ球
12 %)、血小板 35 万。血液生化学所見:LD 386 IU/L(基準 176〜353)、尿素窒素
14 mg/dL、クレアチニン 0.8 mg/dL、血糖 98 mg/dL、HbA1c 6.1 %(基準 4.6〜
6.2)、脳性ナトリウム利尿ペプチド〈BNP〉23.9 pg/mL(基準 18.4 以下)、KL-6
632 U/mL(基準 500 未満)。免疫血清学所見:CRP 5.0 mg/dL、β-D-グルカン
4 pg/mL 未満(基準 10 以下)、サイトメガロウイルス抗原陰性。動脈血ガス分析
(room air):pH 7.43、PaCO2 36 Torr、PaO2 69 Torr、HCO3- 23 mEq/L。気管支
肺胞洗浄液所見:細胞数 3.5 × 106/mL(肺胞マクロファージ 12 %、リンパ球
85 %、好中球 1 %、好酸球 2 %)。胸部エックス線写真(別冊 No. 14A)と胸部 CT
(別冊 No. 14B)とを別に示す。
最も考えられる疾患はどれか。

a 薬剤性肺炎
b 急性左心不全
c 日和見感染症
d 特発性肺線維症
e 急性呼吸促迫症候群

I49.jpg
























  

解答 a