国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 B問題 56-58 難易度C

60 歳の男性。オートバイで転倒したため搬入された。
現病歴 : 2 時間前、オートバイで走行中に転倒し大腿部を挟まれた。
既往歴 : 特記すべきことはない。
現 症 : 意識レベルは JCSⅠ-3 。身長 160 cm、体重 60 kg。体温 35.5 ℃。脈拍 120/分、整。血圧 80/50 mmHg。呼吸数 24/分。SpO2 98 %(リザーバー付マスク 10 l/分 酸素投与下)。表情は苦悶様で左大腿部の痛みを訴えている。顔面は蒼白で、皮膚は冷たく湿潤している。心音と呼吸音とに異常を認めない。左大腿部に挫滅創と活動性外出血とを認め、骨が露出している。濃い尿を少量認める。
検査所見 : 尿所見:比重 1.030、蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 250 万、
Hb 7.0 g/dl、Ht 21 %、白血球 13,000(桿状核好中球 6 %、分葉核好中球 70 %、単球 4 %、リンパ球 20 %)、血小板 4.5 万、PT 20 秒(基準 10~14)、APTT 50 秒(基準対照 32.2)。血液生化学所見:総蛋白 5.0 g/dl、アルブミン 3.0 g/dl、尿素窒素20 mg/dl、ク レ ア チ ニ ン 0.9 mg/dl、血 糖 120 mg/dl、Na 145 mEq/l、K 5.0 mEq/l、Cl 109 mEq/l。下肢エックス線写真で左大腿骨骨折と左脛骨骨折とを認める。胸部エックス線写真と全身 CT で下肢を除いて異常を認めない。
左大腿骨開放骨折に対し、赤血球濃厚液、新鮮凍結血漿および濃厚血小板を準備し、止血、デブリドマン及び骨整復固定術が予定された。急速輸液を行った。

56 輸液の組成として適切なのはどれか。
B56.jpg

57 最も適切な麻酔法はどれか。
伝達麻酔
全身麻酔
硬膜外麻酔
脊髄くも膜下麻酔
e 全身麻酔と硬膜外麻酔の併用

58 術後 2 日目、呼吸困難を訴えた。意識レベルは JCSⅡ-10。体温 38.0 ℃。脈拍 120/分、整。血圧 120/80 mmHg。呼吸数 30/分。SpO2 85 %(room air)。眼瞼結膜と体幹皮膚に点状出血を認める。両側の胸部で coarse crackles と wheezes とを聴取する。
心エコー検査で壁運動異常はなく、下大静脈の拡張もない。胸部エックス線写真(別冊 No. 7)を別に示す。
病態として考えられるのはどれか。
B58.jpg
気 胸
心不全
気管支喘息
脂肪塞栓症
肺血栓塞栓症
























  

56 - a   
57 - b 全身麻酔   
58 - d 脂肪塞栓症

診断 # 交通外傷による多発骨折(大腿骨解放骨折・左脛骨骨折) # 出血性ショック
56 循環血液量ショック時には等張電解質輸液
57 凝固異常のある全身状態の悪い患者への緊急手術なので全身麻酔
58 骨折後12-48時間、点状出血、 X線でsnow storm (吹雪様)、意識障害(多発脳梗塞)から脂肪塞栓症
脂肪塞栓症や鶴田の診断基準については下記サイトが分かりやすくまとめてあります
外部サイトリンク: 11年目麻酔科医の専門医試験ノート 様
CCC
画像参照
総論 Ш