国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 H33-34

次の文を読み、33、34 の問いに答えよ。

72 歳の男性。腰背部痛を主訴に来院した。
現病歴 :  3 か月前から荷物の運搬時に腰背部痛を自覚するようになった。その後、
安静時にも常に痛みを感じるようになり、日常生活にも支障をきたすようになった
ため受診した。
既往歴 : 30 歳時に十二指腸潰瘍で投薬されていた。
生活歴 : 喫煙は 20 本/日を 52 年間。これまでに禁煙したことはない。妻と長男
夫婦との 4 人暮らし。10 年前から自営の販売業を長男に引き継いで店に時々顔を
出している。
家族歴 : 父親が前立腺癌で死亡。
現 症 : 意識は清明。体温 37.2 ℃。脈拍 80/分、整。血圧 154/88 mmHg。呼吸
数 16/分。背部に発赤はなく腫瘤を認めない。下部胸椎と腰椎との棘突起上に叩打
痛を認める。
検査所見 : 胸部エックス線写真で両肺に多発する腫瘤影を認め、気管支内視鏡に
よる肺生検で扁平上皮癌と診断された。胸腰椎 MRI で腰椎への多発転移を認めた。
予測される予後と治療方法との選択肢について担当医が患者に説明を行ったとこ
ろ、患者は「俺も十分生きたし未練はない。息子もあとを任せられるまで育った。
ただ痛いことや苦しいことは何とかしてほしいし、最後まで店には出ていたい」と
述べた。妻と長男も十分納得し、余命の延長より患者の QOL を支援するケアをで
きるだけ自宅で目指すことで合意した。


33 この患者に対するケアの具体的な目標設定として適切でないのはどれか。

a 禁煙が達成されていること
b 安静時の呼吸困難がないこと
c 仕事を可能な限り続けること
d 残りの時間を家族とともに暮らすこと
e 痛みが生活に支障のない程度であること


34 患者の全身状態は徐々に悪化し、 2 か月後には日中の半分以上を自宅のベッドで
臥床するようになった。在宅でかかりつけ医が訪問診療している。食事摂取は特に
固形物の咀嚼が難しくなってきている。また、水分でむせたり誤嚥したりすること
も多くなっている。経口摂取できるのは 200 kcal/日程度である。肺癌の終末期で
2 週程度の余命と見込まれている。患者は会話が可能で「痩せてしまって情けない。
せめてもう少し食べたい」と家族に伝えた。
この後の栄養管理で適切なのはどれか。

a 食事形態を工夫する。
b 経鼻経管栄養を開始する。
c 中心静脈栄養を開始する。
d 誤嚥予防のために気管切開を行う。
e 胃瘻を造設して経腸栄養を開始する。
























  

解答 33 a
   34 a