国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 B問題 49 難易度A

25 歳の男性。尿量増加を主訴に来院した。1 か月前から排尿回数と尿量との増加に気付いていた。口渇があり飲水量は多く夜間も頻尿であるという。常用薬はない。
身長 168 cm、体重 58 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 84/分、整。血圧 110/68 mmHg。眼瞼結膜に異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢に浮腫を認めない。 1 日尿量 3,500 ml。尿所見:比重 1.004、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、ケトン体(-)、沈渣に異常を認めない。
血液所見:赤血球 468 万、Hb 13.9 g/dl、Ht 42 %、白血球 8,300、血小板 21 万。
血液生化学所見:総蛋白 7.5 g/dl、アルブミン 3.9 g/dl、尿素窒素 18 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、尿酸 6.9 mg/dl、血糖 98 mg/dl、HbA1c(NGSP)5.8 %(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 180 mg/dl、Na 142 mEq/l、K 4.4 mEq/l、Cl 108 mEq/l、Ca 9.2 mg/dl、P 3.4mg/dl。CRP 0.1 mg/dl。
診断のために必要な検査はどれか。 2 つ選べ。
a 頭部 MRI
b 水制限試験
c 排尿時膀胱尿道造影
d 腎血流シンチグラフィ
e アンモニウム負荷試験
























  

a 頭部 MRI
b 水制限試験

診断:尿崩症
a中枢性尿崩症では後葉の高信号が消失する。
b尿崩症では水制限しても尿量→ 尿浸透圧→ である。

ちなみにe アンモニウム負荷試験は尿細管性アシドーシスの鑑別(Ⅰ~Ⅳ型)の際の検査。

参考リンク(外部サイトです) :MSD社 MERCK MANUALS 中枢性尿崩症(バソプレシン感受性尿崩症)

AAA
総論 Ш