国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 G64-66

次の文を読み、64〜66 の問いに答えよ。

86 歳の女性。発熱と呼吸困難とを主訴に来院した。
現病歴 : ADL は自立していたが半年前から時々食事中にむせることがあった。
2 日前から咳や痰を伴う 38 ℃台の発熱が出現した。しばらく自宅で様子をみてい
たが、今朝になり呼吸困難も生じたため同居中の長女に付き添われて受診した。
既往歴 : 60 歳ころから高血圧症、80 歳ころから心房細動で投薬治療中。
生活歴 : 喫煙歴と飲酒歴とはない。
家族歴 : 父親が心筋梗塞で死亡。母親が胃癌で死亡。
現 症 : 意識レベルは JCSⅠ- 3 。身長 150 cm、体重 54 kg。体温 38.4 ℃。脈拍
112/分、不整。血圧 152/72 mmHg。呼吸数 24/分。SpO2 94 %(鼻カニューラ 2 L/分
酸素投与下)。頸静脈の怒張を認める。Ⅲ音を聴取する。Ⅳ音を聴取しない。心尖
部を最強点とするⅢ/Ⅵの汎〈全〉収縮期雑音を聴取する。右背下部で coarse crackles
を聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側下腿に浮腫を認める。
検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血 1 +、沈査に白血球を認めない。血
液所見:赤血球 347 万、Hb 9.9 g/dL、Ht 30 %、白血球 10,200(桿状核好中球 30 %、
分葉核好中球 45 %、好酸球 1 %、好塩基球 1 %、単球 6 %、リンパ球 17 %)、血
小板 28 万。血液生化学所見:総蛋白 5.4 g/dL、アルブミン 2.7 g/dL、総ビリル
ビ ン 0.9 mg/dL、AST 28 IU/L、ALT 26 IU/L、LD 280 IU/L( 基 準 176〜353)、
ALP 174 IU/L(基準 115〜359)、γ-GTP 24 IU/L(基準 8 〜50)、アミラーゼ 72 IU/L
(基準 37〜160)、CK 135 IU/L(基準 30〜140)、尿素窒素 27 mg/dL、クレアチニン
1.1 mg/dL、尿酸 6.9 mg/dL、血糖 112 mg/dL、HbA1c 6.0 %(基準 4.6〜6.2)、
Na 133 mEq/L、K 4.0 mEq/L、Cl 97 mEq/L。CRP 7.4 mg/dL。胸部エックス線
写真で右下肺野浸潤影、肺血管陰影の増強、右助骨横隔膜角鈍化、右第 2 弓の二重
陰影および左第 4 弓の突出を認める。12 誘導心電図で心拍数 110/分の心房細動を
認める。


64 経胸壁心エコー検査で予想されるのはどれか。

a 大動脈弁狭窄症
b 大動脈弁閉鎖不全症
c 僧帽弁狭窄症
d 僧帽弁閉鎖不全症
e 肺動脈弁狭窄症


65 次に行うべきなのはどれか。

a 喀痰培養
b 腰椎穿刺
c 嚥下機能検査
d 呼吸機能検査
e 経食道心エコー検査


66 入院し、ベッド上安静とした上で治療を開始した。入院 3 日目には発熱と呼吸不
全とは改善した。同日の夕方から落ち着きがなくなり、夜には大声をあげるように
なった。翌日に撮影した頭部 CT で脳全体の萎縮を認める。
今後の対応として正しいのはどれか。

a 胃瘻造設
b 身体拘束
c 早期離床
d 認知症治療薬の投与
e ベンゾジアゼピン系睡眠薬の経口投与
























  

解答 64 d
   65 e
   66 c