国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 G60

72 歳の男性。歩きにくさと転倒しやすいこととを主訴に車椅子で来院した。 5 年
前に頸椎後縦靱帯骨化症に対して椎弓形成術を受け、その後 T 字杖歩行が可能と
なり在宅生活は自立したが四肢のしびれ感は続いていた。 1 週前に居室で転倒し、
転倒直後には右足関節の痛みを自覚したが腫脹はなかった。右足関節の痛みは改善
したが、歩行困難があり転倒しやすいため受診した。妻と娘との 3 人暮らし。要支
援 2 の認定を受けている。意識は清明。体温 36.4 ℃。脈拍 72/分、整。血圧
116/74 mmHg。呼吸数 24/分。徒手筋力テストで上肢は 5 、下肢は 4 である。つ
ま先立ちと片足立ちとは不安定で転倒しやすい状態である。アキレス腱反射は軽度
亢進している。右足関節エックス線写真に異常を認めない。
この患者への対応として適切なのはどれか。 3 つ選べ。

a 大腿四頭筋訓練
b 自宅の環境整備
c 電動車椅子処方
d 短下肢装具処方
e バランス訓練
























  

解答 a、b、e