国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 F30-31

次の文を読み、30、31 の問いに答えよ。

72 歳の男性。意識障害のため搬入された。
現病歴 :  1 週前から咳と痰とがみられた。次第に元気がなくなり、今朝から家族
が呼びかけても反応が悪くなったため救急搬送された。
既往歴 : 10 歳で虫垂炎。25 年前から高血圧症で治療中。
生活歴 : 喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
家族歴 : 父親が心筋梗塞のため 83 歳で死亡。
現 症 : 意識レベルは JCSⅠ- 3 。身長 173 cm、体重 58 kg。体温 38.2 ℃。脈拍
112/分(微弱)、整。血圧 86/64 mmHg。呼吸数 30/分。SpO2 94 %(マスク 4 L/分 酸
素投与下)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節と
を触知しない。心音に異常を認めない。右の背下部に coarse crackles を聴取する。
腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。顔面と四肢とに麻痺を認めない。腱反射
に異常を認めない。四肢に浮腫を認めない。排尿がないため尿検査は実施していな
い。


30 まず行うべき治療はどれか。

a アトロピンの急速静注
b アドレナリンの急速静注
c ジゴキシンの急速静注
d 生理食塩液の急速輸液
e 副腎皮質ステロイドの急速静注


31 酸素投与、モニター装着および静脈路確保を行い治療を開始した。
検査所見 : 血液所見:赤血球 456 万、Hb 13.9 g/dL、Ht 44 %、白血球 15,200
(桿状核好中球 15 %、分葉核好中球 65 %、単球 3 %、リンパ球 17 %)、血小
板 20 万。血液生化学所見:総蛋白 6.6 g/dL、アルブミン 3.2 g/dL、AST 19
IU/L、ALT 17 IU/L、LD 292 IU/L(基準 176〜353)、ALP 256 IU/L(基準 115
〜359)、γ-GTP 41 IU/L(基準 8 〜50)、CK 108 IU/L(基準 30〜140)、尿素窒
素 25 mg/dL、クレアチニン 1.1 mg/dL、血糖 110 mg/dL、Na 133 mEq/L、
K 4.0 mEq/L、Cl 96 mEq/L。CRP 12.5 mg/dL。12 誘導心電図は洞調律で心
拍数 112/分。ポータブル胸部エックス線写真で右下肺野に肺炎像を認めるが、
肺うっ血を認めない。喀痰の Gram 染色と培養検査を指示した。
今後の対応として適切でないのはどれか。

a 心電図モニターで心拍数を監視する。
b 留置した尿道カテーテルで時間尿量を監視する。
c 抗菌薬は喀痰培養で感受性が判明してから開始する。
d 経皮的酸素飽和度〈SpO2〉を参考に酸素投与量を調節する。
e 異なる部位から採取した複数セットの血液培養を提出する。
























  

解答 30 d
   31 c