国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 F28-29

次の文を読み、28、29 の問いに答えよ。

68 歳の男性。発熱と全身倦怠感とを主訴に来院した。
現病歴 : 昨日から 38 ℃台の発熱、頭痛、全身倦怠感および筋肉痛を認め、食欲
も低下したため朝になって受診した。
既往歴 : 30 年前から高血圧症の治療を受けている。
生活歴 : 妻、長男夫婦、小学生の孫 1 人と同居している。喫煙歴はない。飲酒は
日本酒 1 合/日を 30 年間。
家族歴 : 10 日前に孫が、 5 日前に長男がそれぞれ高熱を出して学校や仕事を休ん
でいた。
現 症 : 意識は清明。体温 38.4 ℃。脈拍 96/分、整。血圧 138/76 mmHg。呼吸
数 20/分。SpO2 97 %(room air)。咽頭に軽度発赤を認める。甲状腺腫と頸部リン
パ節とを触知しない。項部硬直を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹
部は平坦、軟で、圧痛を認めない。肋骨脊柱角に叩打痛を認めない。四肢に浮腫を
認めない。


28 この患者の診断のため鼻咽頭ぬぐい液を綿棒で採取し、外来で迅速検査を行うこ
とにした。
この検査について正しいのはどれか。

a 挿入前に鼻腔に局所麻酔薬を塗布し 5 分待つ。
b 耳孔の高さを目標に鼻孔から下鼻道に沿って挿入する。
c 鼻腔から挿入した綿棒の先端が軟口蓋の後方にあることを口腔から確認する。
d 舌圧子を用いて綿棒で舌根をぬぐう。
e 鼻腔に挿入したらそのまま静かに 3 分間留置する。


29 検査の結果は陰性であった。
患者がこの疾患に罹患している検査前確率を 75 %としたときの検査後確率に最
も近いのはどれか。
ただし、この検査の感度は 60 %、特異度は 96 %とする。

a  4 %
b 18 %
c 40 %
d 44 %
e 56 %
























  

解答 28 b
   29 e