国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 F26-27

次の文を読み、26、27 の問いに答えよ。

51 歳の男性。上腹部痛を主訴に来院した。
現病歴 :  3 日前から上腹部の強い痛みと悪心とを自覚していた。これまでも時々、
空腹時に上腹部膨満感が出現することがあり市販の薬を内服していた。便通は毎日
あり、もともと軟らかい方である。今朝から倦怠感を少し感じたため受診した。発
熱や息切れはない。
既往歴 : 特記すべきことはない。
生活歴 : 喫煙歴はない。飲酒はウイスキー 60 mL/日を 30 年間。
家族歴 : 母親が 60 歳時にくも膜下出血で死亡。父親が Alzheimer 型認知症を発
症し 72 歳時に胃癌で死亡。
医療面接は以下のように続いた。
患 者「・・・ということで当時は親戚中がもめており、父が亡くなったときは正直
言ってホッとしたことを思い出します」
医 師「そうでしたか。つらい思い出をお話しくださってありがとうございました」
患 者「いえいえ。もうずいぶん前のことですから大丈夫ですよ」
医 師「それで、今回のおなかの痛みについて何か思い当たることはありますか」
患 者「実は、父が自分と同じように長い間胃が悪くて、検査の結果ピロリ菌陽性
だったそうで、ひょっとしたら自分もそうではないかと」
医 師「そういうご事情があったのですね」


26 下線部に該当する病歴情報はどれか。

a 社会歴
b 受療行動
c 対処行動
d 生活習慣
e 解釈モデル


27 現 症 : 意識は清明。身長 174 cm、体重 67 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 96/分、
整。血圧 100/62 mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 97 %(room air)。皮疹を認めな
い。眼瞼結膜は貧血様である。眼球結膜に黄染を認めない。心音と呼吸音とに
異常を認めない。肝・脾を触知しない。心窩部から右季肋部にかけて圧痛を認
める。反跳痛を認めない。直腸指診で異常を認めない。
検査所見 : 血液所見:赤血球 340 万、Hb 10.0 g/dL、Ht 35 %、白血球 7,200、
血小板 16 万。CRP 1.5 mg/dL。腹部超音波検査で異常を認めない。
次に行う検査の前に再度確認しておくべきなのはどれか。

a 輸血歴
b 緑内障
c 気管支喘息
d 卵アレルギー
e アトピー性皮膚炎
























  

解答 26 e
   27 b