国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 E60-62

次の文を読み、60〜62 の問いに答えよ。

63 歳の女性。腹部膨隆と尿失禁とを主訴に来院した。
現病歴 :  2 年前から腹部膨満感を認めるようになった。次第に腹部膨隆が目立つ
ようになり、食欲はあるが食事をとるのがつらく、時々尿失禁を認めるようになっ
たため受診した。
既往歴 : 30 歳時に子宮内膜症。
生活歴 : 幼少期に両親が離婚して母親と 2 人で暮らしていたが、母親が死亡した
ため 3 年前からは一人暮らし。
家族歴 : 父親は詳細不明。母親が肺炎のため 85 歳で死亡。
現 症 : 意識は清明。身長 157 cm、体重 55 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 84/分、整。
血圧 166/90 mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 98 %(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜と
に異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知し
ない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は著明に膨隆し、腫大した肝と腫瘤
とを腹部全体に触知する。腸雑音に異常を認めない。四肢に異常を認めない。
検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体 1 +、潜血 1 +、沈渣に白血球
を認めない。血液所見:赤血球 406 万、Hb 12.3 g/dL、Ht 41 %、白血球 6,130、
血小板 22 万。血液生化学所見:総蛋白 7.8 g/dL、アルブミン 4.5 g/dL、総ビリ
ルビン 0.4 mg/dL、AST 18 IU/L、ALT 9 IU/L、LD 157 IU/L(基準 176〜353)、
ALP 288 IU/L(基準 115〜359)、γ-GTP 44 IU/L(基準 8 〜50)、アミラーゼ 95 IU/L
(基準 37〜160)、尿素窒素 24 mg/dL、クレアチニン 1.2 mg/dL、尿酸 6.3 mg/dL、
血糖 98 mg/dL、総コレステロール 195 mg/dL、トリグリセリド 152 mg/dL、
Na 140 mEq/L、K 3.9 mEq/L、Cl 103 mEq/L。 腹 部 単 純 CT の 冠 状 断 像( 別 冊
No. 12)を別に示す。

E60-62.jpg


60 今後経過中に出現すると考えられる症候として可能性が最も高いのはどれか。

a 浮 腫
b めまい
c けいれん
d 顔貌の異常
e 皮膚の色素異常


61 この時点での対応として適切でないのはどれか。

a 減 塩
b 降圧薬投与
c 利尿薬投与
d 肝囊胞穿刺
e 肝動脈塞栓術


62  3 か月後に発熱と腰背部痛とに加えて尿量が減少したため再度来院した。左腰背
部に叩打痛を認め腎囊胞の感染を疑った。
正しいのはどれか。

a 尿培養検査が高率に陽性となる。
b Gram 陰性菌が原因である可能性が高い。
c MRI は囊胞感染の診断に特異度が高い。
d 感染囊胞ドレナージは有用性が低い。
e 腎摘出術は禁忌である。
























  

解答 60 a
   61 e
   62 b