国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 D56

72 歳の男性。左下腹部痛と発熱とを主訴に来院した。生来便秘がちであった。
一昨日、少量の排便後に左下腹部痛が生じた。昨夜から腹痛が増悪し、38.6 ℃の
発熱が出現したため受診した。体温 37.6 ℃。脈拍 84/分、整。血圧 142/86 mmHg。
呼吸数 24/分。腹部は平坦で、左側腹部に圧痛を認めるが、筋性防御と反跳痛とは
認めない。血液所見:赤血球 382 万、Hb 12.8 g/dL、Ht 35 %、白血球 18,300(桿
状核好中球 45 %、分葉核好中球 32 %、好酸球 2 %、好塩基球 1 %、単球 6 %、リ
ンパ球 14 %)、血小板 21 万。血液生化学所見:総蛋白 7.3 g/dL、アルブミン 3.7
g/dL、総ビリルビン 0.8 mg/dL、AST 30 IU/L、ALT 42 IU/L、LD 238 IU/L(基準
176〜353)、ALP 350 IU/L(基準 115〜359)、γ-GTP 60 IU/L(基準 8 〜50)、アミ
ラーゼ 62 IU/L(基準 37〜160)、CK 50 IU/L(基準 30〜140)、尿素窒素 10 mg/dL、
クレアチニン 0.8 mg/dL、尿酸 6.0 mg/dL、血糖 110 mg/dL、総コレステロール 210
mg/dL、トリグリセリド 130 mg/dL、Na 140 mEq/L、K 4.2 mEq/L、Cl 97 mEq/L。
CRP 6.5 mg/dL。腹部超音波検査で多数の大腸憩室と左側腹部の液体貯留を認め
る。腹部造影 CT(別冊 No. 27)を別に示す。
治療として適切なのはどれか。 2 つ選べ。

a 高圧浣腸
b 降圧薬投与
c 抗菌薬投与
d 右半結腸切除術
e 穿刺ドレナージ
D56.jpg
























  

解答 c、e