国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 D48

57 歳の女性。両側顎下部の腫脹を主訴に来院した。 1 年前から右顎下部の硬い
腫脹に気付いていた。 1 か月前から左顎下部にも同様の硬い腫脹が出現したため、
精査を希望し受診した。既往歴に特記すべきことはない。身長 160 cm、体重 52 kg。
体 温 36.2 ℃。 脈 拍 68/分、 整。 血 圧 96/68 mmHg。 呼 吸 数 14/分。SpO2 98 %
(room air)。血液所見:赤血球 368 万、Hb 11.1 g/dL、Ht 33 %、白血球 5,700、
血小板 21 万。血液生化学所見:アルブミン 3.9 g/dL、IgG 2,160 mg/dL(基準
960〜1,960)、IgG4  756 mg/dL(基準 4.8〜105)、AST 20 IU/L、ALT 11 IU/L、
尿素窒素 15 mg/dL、クレアチニン 0.5 mg/dL、血糖 98 mg/dL。免疫血清学所
見:CRP 1.2 mg/dL、抗核抗体陰性、抗 SS-A 抗体陰性。ガリウムシンチグラ
フィで両側顎下腺、甲状腺および膵臓に取り込みを認める。頸部の写真(別冊
No. 23)を別に示す。
確定診断に必要な検査はどれか。

a TRH 試験
b 顎下腺生検
c Schirmer 試験
d グルカゴン負荷試験
e ポリソムノグラフィ
D48.jpg
























  

解答 b