国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 D45

32 歳の女性。甲状腺の検査を希望して来院した。 5 か月前に第 2 子を出産した。
妊娠前に受けた検査で抗甲状腺ペルオキシダーゼ〈TPO〉抗体強陽性であったため、
妊娠期間中にも定期的に甲状腺ホルモン検査を受けていたが、これまでに異常を指
摘されたことはなく自覚症状もない。体温 36.7 ℃。脈拍 84/分、整。血圧 126/86
mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。びまん性のやや硬い甲状腺腫
を触れるが圧痛はない。胸腹部に異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(±)、ケ
トン体(-)。血液所見:赤血球 420 万、Hb 12.3 g/dL、Ht 40 %、白血球 6,700、
血小板 21 万。血液生化学所見:アルブミン 4.0 g/dL、AST 13 IU/L、ALT 15 IU/L、
クレアチニン 0.4 mg/dL、血糖 146 mg/dL、HbA1c 5.4 %(基準 4.6〜6.2)、総コ
レ ス テ ロール 170 mg/dL、 ト リ グ リ セ リ ド 90 mg/dL、Na 137 mEq/L、K 4.3
mEq/L、Cl 102 mEq/L、TSH 0.02 μU/mL 未満(基準 0.4〜4.0)、FT4 2.0 ng/dL
(基準 0.8〜1.8)。CRP 0.3 mg/dL 未満。
この時点での方針として正しいのはどれか。

a 抗甲状腺薬を投与する。
b 甲状腺亜全摘術を行う。
c 放射性ヨウ素内用療法を行う。
d 副腎皮質ステロイドを投与する。
e  2 〜 4 週後に甲状腺機能を再検する。
























  

解答 e