国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 D44

 72 歳の女性。右手の疼痛を主訴に来院した。 3 か月前に右橈骨遠位端骨折を受
傷し、 8 週間のギプス固定を受けた。ギプス除去後にリハビリテーションを受けて
いる。手を触られると刺すような痛みがあり、手掌の発汗亢進を自覚していたが、
その後、増強するようになったため受診した。来院時、右手指は腫脹しており、つ
まみ動作は可能である。手関節とすべての手指の関節とに可動域制限を認める。両
手エックス線写真(別冊 No. 22)を別に示す。
診断として考えられるのはどれか。

a 偽関節
b 手根管症候群
c 離断性骨軟骨炎
d 複合性局所疼痛症候群
e コンパートメント症候群
D44.jpg
























  

解答 d