国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 D40

50 歳の男性。倦怠感を主訴に来院した。 3 か月前から倦怠感と息切れとが出現
し徐々に増悪したため受診した。体温 36.4 ℃。脈拍 80/分、整。血圧 132/78
mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球 285 万、
Hb 8.6 g/dL、Ht 26 %、白血球 8,400(桿状核好中球 10 %、分葉核好中球 45 %、
好酸球 2 %、単球 6 %、リンパ球 37 %)、血小板 24 万。血液生化学所見:総蛋白
15.5 g/dL、アルブミン 3.2 g/dL、IgG 9,133 mg/dL(基準 960〜1,960)、IgA 22
mg/dL(基準 110〜410)、IgM 28 mg/dL(基準 65〜350)、総ビリルビン 0.6 mg/dL、
AST 22 IU/L、ALT 25 IU/L、LD 251 IU/L(基準 176〜353)、尿素窒素 15 mg/dL、
クレアチニン 0.9 mg/dL、Ca 11.8 mg/dL。骨髄血塗抹 May-Giemsa 染色標本(別
冊 No. 18A)と頭蓋骨エックス線写真(別冊 No. 18B)とを別に示す。
最も適切な対応はどれか。

a 経過観察
b 抗 CD20 抗体投与
c 抗ウイルス薬投与
d 免疫グロブリン製剤投与
e プロテアソーム阻害薬投与50 歳の男性。倦怠感を主訴に来院した。

D40.jpg
























  

解答 e