国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 D38

70 歳の男性。腎機能悪化を指摘されたため来院した。 2 か月前から発熱、咳嗽
および全身倦怠感が出現し次第に体重が減少してきた。心配になり自宅近くの診療
所を受診し、血清クレアチニンの上昇が認められたため紹介されて受診した。喫煙
は 20 本/日を 50 年間。飲酒は日本酒 1 合/日を 50 年間。意識は清明。身長 153 cm、
体重 48 kg。体温 37.2 ℃。脈拍 76/分、整。血圧 150/76 mmHg。呼吸数 22/分。
SpO2 98 %(room air)。眼瞼結膜は貧血様である。心音に異常を認めない。両側の
背下部で fine crackles を聴取する。顔面と下腿とに浮腫を認める。尿所見:蛋白
1 +、蛋白定量 0.87 g/日、糖(-)、潜血 3 +、沈渣に赤血球 多数/ 1 視野、白血
球 1〜 5/ 1 視 野。 血 液 所 見: 赤 血 球 352 万、Hb 10.2 g/dL、Ht 32 %、 白 血 球
10,700(桿状核好中球 2 %、分葉核好中球 87 %、好酸球 1 %、単球 1 %、リンパ球
9 %)、血小板 36 万。血液生化学所見:総蛋白 6.3 g/dL、アルブミン 3.1 g/dL、
尿素窒素 34 mg/dL、クレアチニン 2.5 mg/dL、尿酸 7.6 mg/dL、Na 138 mEq/L、
K 4.5 mEq/L、Cl 106 mEq/L。免疫血清学所見:CRP 4.5 mg/dL、HBs 抗原陰性、
HCV 抗体陰性、MPO-ANCA 160 EU/mL(基準 20 未満)、抗核抗体陰性。腎生検
の PAS 染色標本(別冊 No. 17)を別に示す。蛍光抗体法で糸球体に免疫グロブリン
の沈着を認めない。
直ちに行うべき治療はどれか。

a 血液透析
b 赤血球輸血
c 副腎皮質ステロイドのパルス療法
d 非ステロイド性抗炎症薬〈NSAIDs〉投与
e アンジオテンシン変換酵素〈ACE〉阻害薬投与

D38.jpg
























  

解答 c