国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 D37

43 歳の女性。 3 回経妊 2 回経産婦。不正性器出血と腰痛とを主訴に来院した。
月経周期は 28 日型。 2 か月前から不正性器出血と腰痛とが出現したため受診した。
腟鏡診で子宮腟部にカリフラワー状で易出血性の腫瘤を認める。内診で子宮頸部か
ら右側骨盤壁に連続する硬結を触知する。血液所見:赤血球 350 万、Hb 11.0 g/dL、
Ht 30 %、白血球 9,000、血小板 42 万。血液生化学所見:総蛋白 7.0 g/dL、クレア
チ ニ ン 0.9 mg/dL、AST 32 IU/L、ALT 30 IU/L、Na 140 mEq/L、K 3.8 mEq/L、
Cl 104 mEq/L。子宮腟部生検の組織診では扁平上皮癌である。全身検索で遠隔転
移を認めない。造影剤静注の 10 分後の静脈性尿路造影像(別冊 No. 16)を別に示す。
最も適切な治療法はどれか。

a 手 術
b 免疫療法
c 放射線治療
d 抗癌化学療法
e 化学放射線療法
D37.jpg
























  

解答 e