国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 D35

81 歳の女性。右季肋部痛と嘔吐とを主訴に来院した。昨日 18 時ころ、食事中に
急に右季肋部から心窩部にかけての痛みが出現し、その後、痛みが増強し嘔吐を伴
うようになったため午前 1 時に受診した。高血圧症で降圧薬を内服している。意識
は清明。身長 147 cm、体重 40 kg。体温 36.8 ℃。脈拍 80/分、整。血圧 178/90
mmHg。呼吸数 14/分。SpO2 98 %(room air)。腹部は膨満し、腸雑音は消失。右
季肋部に圧痛を認め、呼吸性に移動する小児手拳大の腫瘤を触知する。筋性防御と
反跳痛とを認めない。血液所見:赤血球 318 万、Hb 9.8 g/dL、Ht 32 %、白血球
11,800(桿状核好中球 52 %、分葉核好中球 30 %、好酸球 2 %、好塩基球 1 %、単
球 4 %、リンパ球 11 %)。血液生化学所見:総蛋白 6.6 g/dL、アルブミン 2.5 g/dL、
総ビリルビン 3.1 mg/dL、直接ビリルビン 2.3 mg/dL、AST 56 IU/L、ALT 48 IU/L、
LD 480 IU/L(基準 176〜353)、ALP 454 IU/L(基準 115〜359)、γ-GTP 132 IU/L
(基準 8 〜50)、アミラーゼ 115 IU/L(基準 37〜160)、尿素窒素 20 mg/dL、クレア
チニン 1.3 mg/dL。CRP 4.3 mg/dL。腹部超音波検査と腹部単純 CT とで胆囊の
腫大と胆囊壁肥厚とを認める。腹部造影 CT の動脈相と後期相で胆囊壁の濃染を認
めない。緊急に腹腔鏡下胆囊摘出術が行われた。術中の写真(別冊 No. 14A)と摘出
胆囊の粘膜面の写真(別冊 No. 14B)とを別に示す。
最も考えられる疾患はどれか。

a 胆囊癌
b 胆囊穿孔
c 胆囊捻転症
d 胆囊ポリープ
e 胆囊腺筋腫症
D35.jpg
























  

解答 c