国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 D33

62 歳の女性。動悸とめまいとを主訴に来院した。 2 年前に皮膚サルコイドーシ
スの診断を受け、薬物治療は行わず経過観察されている。 3 週前から労作時の息切
れを自覚している。今朝から動悸と気が遠くなるようなめまいとが出現したため受
診した。意識は清明。身長 159 cm、体重 62 kg。脈拍 78/分、不整。血圧 116/74
mmHg。心雑音を認めない。下腿に浮腫を認めない。心エコー検査で左心室の一
部が菲薄化し瘤状に変形し、収縮の低下を認める。Holter 心電図(別冊 No. 13)を
別に示す。
対応として適切なのはどれか。

a アトロピンの投与
b ジギタリスの投与
c アドレナリンの投与
d ジソピラミドの投与
e 植込み型除細動器〈ICD〉植込み術

D33.jpg
























  

解答 e