国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 D31

18 歳の女性。胸痛と息苦しさとを主訴に搬入された。 1 時間前、咳をした後に
右胸痛と呼吸困難とが出現し次第に増悪したため救急搬送された。身長 162 cm、
体重 48 kg。体温 36.5 ℃。心拍数 108/分、整。血圧 84/48 mmHg。呼吸数 18/分。
SpO2 95 %(リザーバー付マスク 10 L/分 酸素投与下)。眼瞼結膜は貧血様である。
心音に異常を認めない。呼吸音は右で減弱している。血液所見:赤血球 290 万、
Hb 9.5 g/dL、Ht 29 %、白血球 10,690、血小板 19 万。ポータブル胸部エックス線
写真(別冊 No. 11)を別に示す。補液を開始し胸腔ドレナージを施行したところ、血
性排液 1,200 mL があり持続的に空気漏がみられた。ドレナージ 2 時間後、胸腔ド
レ ナージ 排 液 は 血 性 で 1 時 間 200 mL の 排 液 と 空 気 漏 と は 持 続 し て お り、
SpO2 99 %(マスク 8 L/分 酸素投与下)であった。この時点で末梢血液所見は赤血
球 245 万、Hb 7.5 g/dL、Ht 24 %、白血球 12,600、血小板 18 万であった。心拍数
120/分、整。血圧 70/40 mmHg で赤血球輸血を開始した。
この時点で行うべき対応はどれか。

a 経過観察する。
b 昇圧薬を投与する。
c 直ちに外科手術を行う。
d 副腎皮質ステロイドを投与する。
e 胸腔ドレーンを 1 本追加で挿入する。

D31.jpg
























  

解答 c