国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 B問題 27 難易度A

血漿レニン活性〈PRA〉と血漿アルドステロン濃度〈PAC〉が、反対方向に変化(一方が上昇し他方が低下)する病態はどれか。
原発性アルドステロン症
偽性アルドステロン症
c 偽性 Bartter 症候群
腎血管性高血圧症
肝硬変
























  

原発性アルドステロン症

原発性アルドステロン症の鑑別疾患については国試頻出なので、各自まとめてるとは思いますが
下記リンクの 『3. 低K血症を呈する高血圧性疾患(低K血症+高血圧)の鑑別』 も良い感じにまとめてあります。

参考ページ :サイト外リンク e-resident2014 国試対策コーナー 内分泌編 2次性高血圧  


AAA
総論 Ш