国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 B50-52

次の文を読み、50〜52 の問いに答えよ。

43 歳の男性。発熱を主訴に来院した。
現病歴 : 半年前から全身倦怠感を自覚していた。 1 か月前から 37 ℃前半の微熱
と乾性咳嗽とが出現した。 2 週前に自宅近くの診療所を受診し総合感冒薬を処方さ
れたが改善しなかった。そのころから体温は 38 ℃を超えるようになり、 1 週前か
ら階段昇降時に呼吸困難を自覚するようになった。精査のため診療所から紹介され
て受診した。
既往歴 : 22 歳時に B 型急性肝炎。35 歳時に帯状疱疹。
生活歴 : 会社員。独身。一人暮らし。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
家族歴 : 父親がうつ病で通院治療中。
現 症 : 意識は清明。身長 173 cm、体重 58 kg(半年前は 68 kg)。体温 38.6 ℃。
脈拍 96/分、整。血圧 104/58 mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 94 %(room air)。前額
と鼻唇溝とに黄白色の鱗屑を伴う紅斑を認める。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認
めない。口腔内に多発する白苔を認める。頸静脈の怒張を認めない。径 1 〜 2 cm
のリンパ節を右頸部に 7 個、左頸部に 5 個触知する。心音に異常を認めない。両側
の胸部に fine crackles を聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸
雑音は正常である。下腿に浮腫を認めない。
検査所見 : 血液所見:赤血球 454 万、Hb 15.1 g/dL、Ht 42 %、白血球 3,100、血
小板 12 万。血液生化学所見:総ビリルビン 0.9 mg/dL、クレアチニン 1.0 mg/dL。
免疫血清学所見:CRP 0.6 mg/dL、β-D-グルカン 486 pg/mL(基準 10 以下)。動脈
血ガス分析(room air):pH 7.47、PaCO2 34 Torr、PaO2 76 Torr、HCO3- 24 mEq/L。
胸部エックス線写真(別冊 No. 6A)と胸部 CT(別冊 No. 6B)とを別に示す。
B50-52.jpg

50 この患者の白血球分画で割合が減少しているのはどれか。

a 単 球
b 好酸球
c 好中球
d 好塩基球
e リンパ球


51 肺病変の原因として最も考えられるのはどれか。

a 結核菌
b カンジダ
c トキソプラズマ
d ニューモシスチス
e サイトメガロウイルス


52 口腔内の白苔に対する治療薬はどれか。

a ST 合剤
b アシクロビル
c イソニアジド
d アムホテリシン B
e ペニシリン系抗菌薬
























  

解答 50 e
   51 d
   52 d