国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 B40

84 歳の女性。全身倦怠感と食欲不振とを主訴に来院した。 6 か月前に肺転移を
伴う高度進行胃癌の診断を受けた。抗癌化学療法などの積極的治療を拒否し自宅で
療養していたが、 2 週前から倦怠感が出現し、徐々に食欲の減退を自覚するように
なったため受診した。現在は薬剤の内服と 1 日 600 kcal 程度の軟らかい食事の摂
取は可能である。がんによる悪液質が進行しており余命は 1 か月程度と考えられる。
長男夫婦と 3 人暮らしで患者本人と家族はともに延命治療を望まず、このまま自然
に任せることを希望している。
今後の方針として適切なのはどれか。

a 在宅での看取り
b 外来での末梢静脈栄養
c 在宅での経鼻経管栄養
d 在宅での中心静脈栄養
e 入院での経皮的内視鏡下胃瘻造設
























  

解答 a