国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 A59

76 歳の男性。咳嗽、喀痰、喘鳴および呼吸困難を主訴に来院した。 3 年前から
階段を昇るときに呼吸困難を自覚していた。 2 週前に感冒様症状を自覚し、その後、
湿性咳嗽、喘鳴および呼吸困難が持続するため受診した。喫煙は 40 本/日を 50 年
間。意識は清明。身長 169 cm、体重 61 kg。体温 37.0 ℃。脈拍 112/分、整。血圧
134/62 mmHg。呼吸数 28/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈
の怒張を認める。心音に異常を認めない。呼吸音は両側に wheezes と coarse
crackles とを聴取する。血液所見:赤血球 506 万、Hb 15.4 g/dL、Ht 45 %、白血
球 12,000(桿状核好中球 5 %、分葉核好中球 74 %、好酸球 1 %、好塩基球 3 %、
単球 8 %、リンパ球 9 %)、血小板 25 万。血液生化学所見:尿素窒素 12 mg/dL、
クレアチニン 0.7 mg/dL、脳性ナトリウム利尿ペプチド〈BNP〉89 pg/mL(基準
18.4 以下)。CRP 6.5 mg/dL。動脈血ガス分析(鼻カニューラ 2 L/分 酸素投与下):
pH 7.43、PaCO2 39 Torr、PaO2 64 Torr、HCO3- 25 mEq/L。胸部エックス線写真
(別冊 No. 31A)と胸部 CT(別冊 No. 31B、C)とを別に示す。
まず行うべき治療はどれか。 3 つ選べ。

a 抗菌薬の投与
b 副腎皮質ステロイドの吸入
c 抗ロイコトリエン薬の投与
d 副腎皮質ステロイドの内服
e 短時間作用型 β2 刺激薬の吸入
A59.jpg
A59-2.jpg
























  

解答 a、d、e