国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 A38

6 歳の男児。けいれんのため搬入された。 5 日前に発熱と咽頭痛とを認め、伝染
性単核球症と診断されていた。本日、早朝に全身のけいれんを認めたため救急搬送
された。来院時、けいれんはなく意識は清明。体温 38.5 ℃。脈拍 120/分、整。呼
吸数 24/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。肝を右季肋下に 4 cm、脾を左季
肋下に 5 cm 触知する。尿中 β2-マイクログロブリン 23,000 μg/L(基準 230 以下)。
血液所見:Hb 12.1 g/dL、白血球 2,200(桿状核好中球 34 %、分葉核好中球 38 %、
単球 3 %、リンパ球 15 %、異型リンパ球 10 %)、血小板 6.0 万、APTT 45.2 秒
(基準対照 32.2)、血清 FDP 80 μg/mL(基準 10 以下)、D ダイマー 30 μg/mL(基準
1.0 以下)。血液生化学所見:AST 386 IU/L、ALT 341 IU/L、LD 2,594 IU/L(基準
176〜353)、フェリチン 5,000 ng/mL(基準 28〜280)。
治療薬はどれか。

a アシクロビル
b ビンクリスチン
c テトラサイクリン
d 副腎皮質ステロイド
e トシリズマブ〈ヒト化抗 IL-6 受容体モノクローナル抗体〉
























  

解答 d