国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 A36

48 歳の女性。昨年と今年の健康診断にて肝機能障害を指摘されて来院した。発
熱と腹痛とはない。飲酒歴はない。常用している薬剤や栄養機能食品はない。身長
159 cm、体重 49 kg。体温 36.4 ℃。脈拍 60/分。血圧 110/62 mmHg。眼球結膜に
黄染を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球 432
万、Hb 14.0 g/dL、Ht 40 %、白血球 3,500、血小板 18 万。血液生化学所見:総蛋
白 7.4 g/dL、アルブミン 4.0 g/dL、総ビリルビン 0.6 mg/dL、AST 101 IU/L、
ALT 89 IU/L、γ-GTP 51 IU/L( 基 準 8 〜50)、ALP 298 IU/L( 基 準 115〜359)、
IgG 2,710 mg/dL(基準 960〜1,960)、IgM 99 mg/dL(基準 65〜350)。免疫血清学
所見:HBs 抗原(-)、HBs 抗体(-)、HBc 抗体(-)、HCV 抗体(-)。
診断に最も有用なのはどれか。

a 抗 DNA 抗体
b 抗平滑筋抗体
c 抗カルジオリピン抗体
d 抗ミトコンドリア抗体
e 抗甲状腺ペルオキシダーゼ〈TPO〉抗体
























  

解答 b