国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

医師109回 A35

45 歳の女性。腹痛を主訴に来院した。昨日の昼食後から心窩部痛が出現し、上腹
部不快感と悪心とを伴っていた。今朝には痛みが下腹部にも広がり徐々に増強し、
歩くと腹壁に響くようになったため受診した。妊娠の可能性はないという。体温
37.8 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 112/70 mmHg。呼吸数 18/分。腹部は平坦で、右
下腹部に圧痛と反跳痛とを認める。腸雑音は低下している。肝・脾を触知しない。
尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球 471 万、Hb 14.5 g/dL、
Ht 42 %、白血球 14,800、血小板 32 万。血液生化学所見:総ビリルビン 1.3 mg/dL、
AST 15 IU/L、ALT 15 IU/L、ALP 154 IU/L(基準 115〜359)、γ-GTP 10 IU/L(基
準 8 〜50)、アミラーゼ 35 IU/L(基準 37〜160)、尿素窒素 22 mg/dL、クレアチニ
ン 0.6 mg/dL、血糖 112 mg/dL。CRP 3.4 mg/dL。腹部超音波検査は腸管ガスに
て所見は不明瞭であった。腹部単純 CT(別冊 No. 16A、B、C)を別に示す。
治療として最も適切なのはどれか。

a 胆囊摘出術
b 虫垂切除術
c 右付属器摘出術
d 体外衝撃波結石破砕術
e 経皮経肝胆囊ドレナージ
A35.jpg
























  

解答 b