国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 F問題 30-31 難易度B

50 歳の男性。便秘と下痢とを繰り返すことを主訴に来院した。
現病歴 : 3 週前に下痢を自覚し、その後腹痛を伴う便秘を数日おきに繰り返している。自覚するほどの発熱はない。便の色については普段からよく見ていない。飲食物や環境に特別の変化はない。過去に同様の症状はない。
既往歴 : 特記すべきことはない。
生活歴 : 公務員。喫煙歴はない。※※は※※ 1 合/日を 30 年間。海外渡航歴はない。
家族歴 : 特記すべきことはない。
現 症 : 意識は清明。身長 174 cm、体重 72 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 80/分、整。血圧 118/72 mmHg。呼吸数 16/分。皮膚は湿潤。顔色は良好である。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内の乾燥を認めない。頸静脈の怒張を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で静脈怒張を認めない。腸雑音はやや亢進している。触診では抵抗を触れず、肝・脾を触知しない。下腹部正中やや左側に直径約 4 cm の弾性硬の腫瘤を触れる。腫瘤表面は凹凸不整で可動性があり、圧痛を認めない。直腸指診で粘血便を認める。
検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球 468 万、Hb 13.9 g/dl、Ht 42 %、白血球 8,300、血小板 21 万。
血液生化学所見:総蛋白 7.5 g/dl、アルブミン 3.9 g/dl、総ビリルビン 0.9 mg/dl、直接ビリルビン 0.2mg/dl、AST 28 IU/l、ALT 16 IU/l、尿素窒素 12 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl、尿酸 6.9 mg/dl、血糖 98 mg/dl、総コレステロール 246 mg/dl、トリグリセリド 190mg/dl、Na 131 mEq/l、K 4.4 mEq/l、Cl 97 mEq/l。CRP 1.0 mg/dl。

30 腫瘤性病変の原因として考えられるのはどれか。
a 腹壁腫瘍
b 腸管内ガス
c 消化管腫瘍
d 炎症性腫瘤
e 重積した腸管

31 身体診察と血液検査の結果を患者に伝えたところ、患者から心配そうな表情で「何か重い病気でしょうか」と質問があった。医師の回答として調査的態度に該当するのはどれか。
a 「次の検査の日程を立てましょう」
b 「どんな病気を心配されていますか」
c 「何か重い病気ではないかとご心配なんですね」
d 「心配ばかりしていては治るものも治りませんよ」
e 「必要な検査が済んでいないのにそんな事を考えてはいけません」
























  

30 - c 消化管腫瘍  
31 - b 「どんな病気を心配されていますか」

便秘と下痢。4cmの腫瘤。腫瘤表面は凹凸不整で可動性あり。直腸指診で粘血便。
以上から大腸悪性腫瘍が疑われる。

医療面接の態度については下記
◯共感的態度 相手の感情を共有するもの
◯支持的態度 相手の実感を支持するもの
△調査的態度 相手から細かく聞き出すこと
×評価的態度 相手の常識的に判断するもの
×解釈的態度 相手を医学的に判断するもの
×逃避的態度 相手の不安を受容しないこと