国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 H問題 35-36 難易度A

60 歳の女性。上腹部痛を主訴に来院した。
現病歴 : 1 か月前から食後に腹痛を自覚するようになった。昨夜、還暦祝いに家族と外食をした後に悪心と右肩から背部に放散する上腹部の痛みがあり受診した。今朝からやや色の濃い尿に気付いたという。
既往歴 : 18 歳時に虫垂切除術。
家族歴 : 母親が糖尿病。
現 症 : 意識は清明。身長 152 cm、体重 62 kg。体温 37.5 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 124/70 mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98 %(room air)。眼球結膜に黄染を認める。
35 この患者の身体所見として最も考えられるのはどれか。
a 腸雑音の減弱
b 腹壁の皮下出血
c 肺肝境界の消失
d 左肋骨脊柱角の叩打痛
e 深吸気時の右季肋部圧痛

36 この患者の血液検査所見として最も考えられるのはどれか。
a ALP 高値
b 尿酸高値
c 白血球減少
d プロトロンビン時間短縮
e 間接型優位のビリルビン高値
























  

35 - e   36 - a

解説は近日公開