国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 I問題 54 難易度D

9 か月の乳児。発熱を主訴に母親に連れられて来院した。生来健康で今回初めての発熱である。診察を待っているときに全身性左右対称の強直性間代性けいれんを認めた。 3 分後にけいれんは消失し意識も回復した。血液所見に異常は認めな
かった。母親への説明で適切なのはどれか。
a 「遺伝性はありません」
b 「すぐに脳波の検査をしましょう」
c 「約半数に知能への影響がみられます」
d 「将来、てんかんへ移行する可能性が高いです」
e 「このけいれん発作は 3 人に 1 人の割合で再発する可能性があります」
























  

e

解説は近日公開予定