国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 29 難易度D

32 歳の女性。未経妊。挙児希望を主訴に来院した。29 歳時に結婚し避妊はしていない。不正性器出血はない。初経 12 歳。月経周期 40~90 日、不整。身長 160 cm、体重 70 kg。内診で子宮は正常大で付属器を触知しない。卵巣の経腟超音波像(別冊No. 12)を別に示す。
この患者の不妊症の検査として有用性が低いのはどれか。
a 夫の精液検査
b 基礎体温の測定
c プロゲステロン試験
d 血中 LH、FSH の測定
e 血中テストステロンの測定
D-29 2
























  

c

不妊症で月経異常の32歳女性。経腟超音波像で10mmくらいの同じような大きさの卵胞が卵巣の外側に1列に並んでいる=ネックレスサイン。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)の診断。
不順ではあるが月経はあるので、有用な検査ではない。
a 夫の精液検査については、「この患者の不妊症の検査」に限らず、不妊症の際には男性因子を見落とさないことが大事。

参考ページ サイト外リンク :聖マリアンナ医科大学病院 生殖医療センター 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)