国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 A問題 60 難易度A

58 歳の男性。頑固な不眠と日中の眠気とを主訴に妻に伴われて来院した。2 年前から熟睡感がないと訴えるようになり、日中の疲労感が強く、よく居眠りをするようになった。職場では上司から仕事の能率低下を指摘されている。妻によると、 2年前から夜間のいびきがひどく、時々呼吸が止まったようになるとのことであった。
意識は清明。抑うつ気分や不安を認めない。身長 165 cm、体重 90 kg。体温 36.7 ℃。脈拍 88/分、整。血圧 140/88 mmHg。呼吸数 14/分。SpO2 96 %(room air)。咽喉頭に異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。ポリソムノグラフィにて無呼吸指数 48(基準 5 未満)。
この患者に行うべき対応として適切なのはどれか。 3 つ選べ。
a 体重の減量
b 口腔内装具
c 間欠的強制換気〈IMV〉
d 持続的気道陽圧法〈CPAP〉
e ベンゾジアゼピン系薬投与
























  

a 体重の減量
b 口腔内装具
d 持続的気道陽圧法〈CPAP〉

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS) #閉塞型
・無呼吸低呼吸指数(Apnea Hypopnea Index:AHI) 基準5未満
AHI5~15回:軽症、15~30回:中等症、30回以上:重症。治療としては中等度以上のSASに対して経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous Positive airway Pressure:CPAP)が保険適用。軽症のSASには口腔内装具、マウスピース療法が行われる。AHIが20回以上の場合、診断後に5年間生存する患者さんの割合は84%(死亡率は16%)、8年間ではさらに下がって60%という報告がある。
参考ページリンク:日本呼吸器学会 時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)

関連問題:105回 G問題 57

関連類似
AAA
各論 Ж