国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 A問題 58 難易度B

67 歳の女性。1 週前からの発熱を主訴に来院した。両側の頸部と鼠径部に径 1 ~ 2cm のリンパ節を数個ずつ触知する。右肋骨弓下に肝を 2 cm、左肋骨弓下に脾を 3cm 触れる。血液所見:赤血球 360 万、Hb 12.0 g/dl、Ht 34 %、白血球 22,000(桿状核好中球 4 %、分葉核好中球 21 %、好酸球 1 %、好塩基球 1 %、単球 2 %、リンパ球 39 %、異型リンパ球 32 %)、血小板 14 万。血液生化学所見:AST 38 IU/l、ALT 41 IU/l、LD 2,403 IU/l(基準 176~353)。免疫血清学所見:CRP 0.6 mg/dl、抗HTLV-1 抗体陽性。末 血塗抹 May-Giemsa 染色標本(別冊 No. 28)を別に示す。
この患者にみられる所見として考えられるのはどれか。 2 つ選べ。
A58.jpg
a 血清 Ca 高値
b CD4/CD8 低値
c 直接 Coombs 試験陽性
d 可溶性 IL- 2 受容体高値
e CD20 陽性リンパ球増多
























  

a 血清 Ca 高値
d 可溶性 IL- 2 受容体高値

抗HTML-1抗体陽性、肝脾腫、リンパ節腫脹、白血球↑異型リンパ球32%、flower cell、から成人T細胞白血病(ATL)の診断。
a:PTHrPにより高Ca血症 b:CD4/CD8高値 c:Coombs試験は慢性リンパ性は白血病+自己免疫性貧血 d:可溶性 IL- 2 受容体高値 e:B細胞であるCD20 陽性リンパ球は相対的に減少

長文ですが、興味のある人はどうぞ 参考資料サイト外リンク:ウイルス 第52巻 2002年 HTLV-1とATL 渡邉俊樹先生

BBB
画像参照
各論 Ж