国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 21 難易度A

52 歳の女性。咳嗽と胸痛とを主訴に来院した。5 か月前から咳嗽を自覚していた。昨日から吸気時に右胸痛を自覚するようになったため受診した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。毎年秋から冬に猪の生肉を自宅で調理して食べる習慣があった。
意識は清明。身長 157 cm、体重 57 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 64/分、整。血圧 110/72 mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 97 %(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。
血液所見:赤血球 418 万、Hb 13.6 g/dl、Ht 42 %、白血球 6,300(桿状核好中 球2 %、分葉核好中球 38 %、好酸球 28 %、単球 2 %、リンパ球 30 %)、血小板 20万。CRP 0.2 mg/dl。
肺野条件の胸部単純 CT(別冊 No. 5A、B)を別に示す。最も考えられるのはどれか。
D21.jpg
肺結核症
肺化膿症
肺吸虫症
肺クリプトコックス症
e 敗血症性肺血栓塞栓症
























  

c

猪肉生食歴、好酸球増多、呼吸器症状、CTで気胸 → 肺吸虫症
肺吸虫症 第一中間宿主:貝 → 第二中間宿主:カニやイノシシ
ウエステルマン肺吸虫症は風土病的色彩は南九州で多い
症状は腹膜炎、胸水貯留、気胸、発熱、発咳、血痰。
喀痰中の虫卵。胸水中、気管支洗浄液中に好酸球を認める時や呼吸器症状に好酸球増多やIgE上昇。
治療はプラジカンテル (praziquantel)