国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 I問題 80 難易度B

29 歳の男性。咳嗽を主訴に来院した。1 年前から左陰囊の無痛性腫大を自覚していたがそのままにしていた。 3 か月前から咳が出るようになり市販の鎮咳薬を内服しても軽快しないために受診した。意識は清明。身長 176cm、体重 74 kg。体温 36.8 ℃。脈拍 88/分、整。血圧 110/72 mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 98 %(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。
血液所見:赤血球 462 万、Hb 14.0 g/dl、Ht 43 %、白血球 7,800、血小板 35 万。血液生化学所見:LD 853 IU/l (基準 176~353)、hCG 105m IU/ml。α-フェトプロテイン〈AFP〉974 ng/ml(基準 20 以下)。
陰囊部超音波検査で左精巣に長径 8 cm の内部不均一な充実性腫瘤像を認める。
腹部造影 CT で他臓器への転移を認めない。胸部エックス線写真(別冊 No. 34A)と肺野条件の胸部単純 CT(別冊 No. 34B)とを別に示す。行うべき対応はどれか。 2 つ選べ。
a 精巣の針生検
b 抗癌化学療法
c 肺病変の針生検
d 高位精巣摘出術
e 抗菌薬の点滴静注
I-80.jpg
























  

b d

解説は近日公開予定