国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 I問題 75 難易度A

65 歳の男性。総胆管結石の加療目的で入院中である。入院翌日に内視鏡的結石除去術を施行した。終了 3 時間後から持続性の心窩部痛と背部痛を訴えた。体温35.8℃。脈拍 100/分、整。血圧 84/56 mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 93 %(room air)。顔面は蒼白である。腹部は平坦で、心窩部に圧痛と筋性防御とを認める。
血液所見:赤血球 422 万、Hb 14.3 g/dl、Ht 43 %、白血球 10,100(桿状核好中球 7 %、分葉核好中球 66 %、単球 3 %、リンパ球 24 %)、血小板 26 万、PT 94 %(基準 80~120)。血液生化学所見:総ビリルビン 1.2 mg/dl、AST 20 IU/l、ALT 19 IU/l、LD 151 IU/l(基準 176~353)、ALP 246 IU/l(基準 115~359)、γ-GTP 22 IU/l(基準 8 ~50)、アミラーゼ 1,495 IU/l(基準 37~160)、クレアチニン 1.0 mg/dl。CRP 0.1 mg/dl。
腹部造影CT(別冊 No. 30)を別に示す。次に行うべき治療として適切なのはどれか。
a 血漿交換
b 大量輸液
c 緊急開腹手術
d 胆道ドレナージ
e 副腎皮質ステロイドのパルス療法
I-75 2
























  

b

解説は近日公開予定