国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 I問題 63 難易度A

74 歳の女性。意識消失を主訴に来院した。8 年前に心雑音を指摘されていたが生来健康であり、そのままにしていた。数か月前から労作時に 2 分程度の前胸部圧迫感を自覚していたという。昨日、自宅にて意識を失って倒れているところを家族に発見されたが、呼びかけにて意識は回復したため本日になって受診した。ADL は自立している。脈拍 72/分、整。血圧 144/68 mmHg。胸骨右縁第 2 肋間を最強点とする収縮期駆出性〈収縮中期性〉雑音を聴取し、心尖部にⅢ音とⅣ音とを聴取する。呼吸音に異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。心電図で左室肥大所見を認める。
胸部エックス線写真では、心胸郭比 53 %で、肺うっ血と胸水貯留とを認めない。心エコー検査で左室駆出率は 43 %。心エコー検査の断層像(別冊 No. 24A、B)と連続波ドプラ法で記録した左室駆出血流速パターン(別冊 No. 24C)とを別に示す。冠動脈造影で有意な狭窄病変を認めない。
対応として適切なのはどれか。
a 経過観察
b 強心薬投与
c 大動脈弁置換術
d 大動脈基部置換術
e 心臓ペースメーカ植込み
I-63 15
























  

c

解説は近日公開予定