国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 I問題 53 難易度A

31 歳の男性。左股関節部痛を主訴に来院した。半年前から誘因なく歩行時に左股関節部の痛みが出現した。安静時痛はない。25 歳時から膠原病の診断にて副腎皮質ステロイドの内服治療を開始し、現在まで継続している。プレドニゾロン内服量は最大で 60 mg/日で、現在は 10 mg/日であるという。
身長 170 cm、体重 75 kg。体温 36.3 ℃。脈拍 64/分、整。左股関節の運動時痛を認める。左股関節の可動域は屈曲 110 °、伸展 0 °、外転 20 °、内転 15 °。来院時の股関節エックス線写真(別冊No. 18)を別に示す。
考えられるのはどれか。
a 大腿骨近位部骨折
b 大腿骨頭壊死症
c Perthes 病
d 骨囊腫
e 骨膿瘍
I-53 2
























  

b

解説は近日公開予定