国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 A問題 44 難易度C

出生直後の男児。在胎 39 週、2,850 g で出生した。Apgar スコアは 8 点( 1 分)、10 点( 5 分)。出生前の胎児超音波検査で異常を指摘されたことはない。顔貌は正常。尿中に胎便が認められた。会陰部の写真(別冊 No. 18)を別に示す。
まず行うべき治療として適切なのはどれか。
a 会陰切開
b 尿道ブジー
c 膀胱瘻造設
d 人工肛門造設
e 一期的根治手術
























  

d 人工肛門造設

鎖肛は①低位 ②中間位 ③高位 に分類され、治療法が異なる。
低位(I lineより肛門側)であれば新生児期に根治手術を行う。
この症例は尿中に胎便を認めたことから中間位~高位と考えれるが、確定診断のためにはWagensteen-Riceの倒立位X線か超音波検査が必要。
中間位~高位であれば新生児期に人工肛門を増設し直腸や肛門の機能を担う筋肉が発達してから根治手術を行う。


リンク 日本小児外科学会 鎖肛(直腸肛門奇形)

CCC
画像参照
各論 Ж