国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 A問題 43 難易度C

64 歳の男性。定期的な経過観察のため来院した。自覚症状はないが、 1 年前の健康診断で GIST〈gastrointestinal stromal tumor〉を疑われ、経過観察のため受診した。
上部消化管内視鏡像(別冊 No. 17A)と腹部造影 CT(別冊 No. 17B)とを別に示す。1年前と比較して約 1.5 倍の直径であった。腹部造影 CT では胃病変を認めるが、胃以外に異常はない。
治療として適切なのはどれか。
A43.jpg
a 抗癌化学療法
b 放射線療法
c 胃局所切除術
d 噴門側胃切除術
e 胃全摘術
























  

c 胃局所切除術

胃壁内の隆起性病変でありbridging foldを認め、胃GISTの診断。1年間で1.5倍と増大傾向でありc 胃局所切除術の適応。
高リスク症例には切除後補助療法として分子標的薬であるイマチニブを用いる。

サイト外リンク :癌診療ガイドライン 日本癌治療学会 胃粘膜下腫瘍(SMT)の治療方針

CCC
画像参照
各論 Ж