国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 48 難易度A

70 歳の女性。3 週前に右大腿部の蜂窩織炎で入院した。セファゾリンの投与により軽快したが、2 日前から 38 ℃の発熱と 1 日 10 回の下痢が出現した。意識は清明。体温 38.5 ℃。脈拍 120/分、整。血圧 110/60 mmHg。呼吸数 20/分。
血液所見:赤血球 320 万、Hb 10.3 g/dl、Ht 31 %、白血球 19,300(分葉核好中球 72 %、好酸球 2 %、単球 10 %、リンパ球 16 %)、血小板 19 万。血液生化学所見:アルブミン 2.8 g/dl、尿素窒素 50 mg/dl、クレアチニン 3.8 mg/dl( 5 日前は 0.8 mg/dl)、Na 138 mEq/l、K4.7 mEq/l、Cl 109 mEq/l。
下部消化管内視鏡像(別冊 No. 23)を別に示す。最も考えられるのはどれか。
a Crohn 病
b 偽膜性腸炎
c 虚血性大腸炎
d 潰瘍性大腸炎
e 腸管出血性大腸菌感染症
D48 2
























  

b 偽膜性腸炎

抗菌薬投与後の発熱と下痢、低ALB血症、内視鏡所見で典型的な熱い偽膜膿性を呈している。

Clostridium difficileが増殖し、放出されたtoxin(AとBの2種類)により偽膜性大腸炎を発症。腸液の増加と腸管血管・粘膜の透過性の亢進を来たし腸液と蛋白の漏出から下痢を引き起こす。
内視鏡像ではこのような典型的な厚い偽膜を呈するもの(隆起型)
治療は原因抗菌薬の中止、下痢に対して補液と電解質の補正、バンコマイシンやメトロニダゾール(2012年9月に偽膜性腸炎に対しても保険適応)を経口投与。
止痢薬は禁忌。