国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 A問題 42 難易度C

76 歳の女性。高血圧、脂質異常症および陳旧性心筋梗塞の定期受診のため来院した。 5 年前に急性心筋梗塞と診断され、経皮的冠動脈インターベンションを受けている。以後、胸痛発作はないが、階段や長く歩いたときに息切れを感じている。
脈拍 64 /分、整。血圧 122/80 mmHg。呼吸数 14/分。SpO2 97 %(room air)。頸静脈の怒張を認めない。左側臥位でⅣ音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。両側の下肢に軽度の浮腫を認める。本日の心電図(別冊 No. 16)を別に示す。患者への説明として適切なのはどれか。
A42.jpg
a 「脈が速すぎるようです」
b 「左脚ブロックが認められます」
c 「心房細動の状態になっています」
d 「高血圧による左室肥大が認められます」
e 「心筋梗塞のあとが左心室の前側と下側にあります」
























  

e

Q波を認め陳旧性心筋梗塞の心電図所見。
答えは消去法で e しかないが、個人的には心筋梗塞後で定期受診している患者さんに「心筋梗塞のあとが左心室の前側と下側にあります」と梗塞領域まで言うのは、不安を煽るだけのような気がする。
心筋梗塞で経皮的冠動脈形成術(PCI:percutaneous coronary intervention)も試行後の方であり、心電図も5年間変わってないのであれば「心筋梗塞のあとはありますが、前回と同じで変わりありませんよ」で良いと思う。
CCC
画像参照
各論 Ж