国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 D問題 25 難易度A

42 歳の男性。微熱を主訴に来院した。 4 か月前から微熱を自覚していた。 3 週前から全身倦怠感と手足の関節痛とが出現し、微熱も続いているため心配になって受診した。1 週前に数秒間の眼前暗黒感を生じたという。4 か月間で 5 kg の体重減少がある。意識は清明。身長 163 cm、体重 62 kg。体温 37.2 ℃。脈拍 80/分、整。血圧 136/82 mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 98 %(room air)。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心尖部に体位によって強さが変化する拡張期の心雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。
腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸雑音は正常。関節の腫脹を認めない。
尿所見に異常を認めない。
血液所見:赤血球 468 万、Hb 13.9 g/dl、Ht 42 %、白血球 12,300(桿状核好中球 30 %、分葉核好中球 45 %、好酸球 1 %、好塩基球 1 %、単球 6 %、リンパ球 17 %)、血小板 21万。血液生化学所見に異常を認めない。免疫血清学所見:CRP 1.0 mg/dl、リウマトイド因子〈RF〉陰性、抗 核抗 体 陰 性 、CH50 36 U/ml(基準 30~40)、C3 52 mg/dl(基 準 52~112)、C4 20 mg/dl(基準 16~51)、ツベルクリン反応陰性。血液培養は陰性。
心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。
診断のために有用な検査はどれか。
a 心エコー
b 骨髄穿刺
c 腹部単純 CT
d 上部消化管内視鏡検査
e 全身 Ga シンチグラフィ
























  

a
心臓粘液腫。
心尖部に体位によって強さが変化する拡張期の心雑音、は心臓粘液腫に特徴的。診断が出来なくても、心臓超音波検査は必要なので選択肢は迷わない。

心臓粘液腫。ほとんどが良性腫瘍で、一般的には中年女性に多い。症状としては息切れや失神、発熱、体重減少で、治療は外科的切除。