国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 B問題 53-55 難易度C

74 歳の女性。意欲低下と全身倦怠感とを主訴に来院した。
現病歴 : 3 年前に夫を亡くし、そのころから意欲低下を自覚するようになったが誰にも相談しなかった。3 か月前から意欲低下がこれまでより増悪し、全身倦怠感も徐々に出現した。一昨日、転倒して尻もちをついた。昨日、腰痛も自覚したた
めかかりつけ医を受診し、カルシトニンの筋肉注射を受け、さらに精査のため紹介されて受診した。
既往歴 : 68 歳で脂質異常症と骨粗鬆症とを指摘され、HMG-CoA 還元酵素阻害薬と活性型ビタミン D とを服用中である。
生活歴 : 3 年前から一人暮らし。喫煙歴と飲酒歴とはない。
家族歴 : 夫が心筋梗塞のため 75 歳で死亡。妹が脂質異常症で治療中。
現 症 : 意識は清明。身長 153 cm、体重 58 kg。体温 35.8 ℃。脈拍 52/分、整。血圧 116/64 mmHg。甲状腺はびまん性に腫大し硬い。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
検査所見 : 血液所見:赤血球 408 万、Hb 12.0 g/dl、Ht 38 %、白血球 5,300、血小板 17 万。血液生化学所見:総蛋白 7.0 g/dl、アルブミン 3.7 g/dl、AST 62 IU/l、ALT 42 IU/l、LD 484 IU/l(基 準 176~353)、ALP 275 IU/l(基 準 115~359)、γ-GTP33IU/l(基準 8 ~50)、CK 682 IU/l(基準 30~140)、CK-MB 15 IU/l(基準 20 以下)、尿素窒素 16 mg/dl、クレアチニン 0.9 mg/dl、尿酸 7.2 mg/dl、血糖 98 mg/dl、総コレステロール 216 mg/dl、トリグリセリド 130 mg/dl、HDL コレステロール 45 mg/dl、Na137 mEq/l、K 4.5 mEq/l、Cl 102 mEq/l、Ca 9.5 mg/dl、TSH 56.3 μU/ml (基準 0.2~4.0)、FT3 0.8 pg/ml(基準 2.5~4.5)、FT4 0.2 ng/dl(基準 0.8~2.2)。CRP 1.0 mg/dl。
心電図で肢誘導の低電位を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比 54 %。

53 この患者にみられる CK 高値の原因として最も考えにくいのはどれか。
a 転 倒
b 筋肉注射
高尿酸血症
甲状腺機能低下症
HMG-CoA 還元酵素阻害薬の服用

54 この患者で他に予想される症候はどれか。
a 下 痢
b 発汗過多
c 圧痕性浮腫
d 認知機能低下
e アキレス腱反射亢進

55 甲状腺ホルモン補充療法を開始した。最も注意すべき有害事象はどれか。
a 胃潰瘍
b 腎不全
c 心筋虚血
d 顆粒球減少
e 間質性肺炎
























  

53 - c 高尿酸血症   
54 - d 認知機能低下   
55 - c 心筋虚血

甲状腺機能低下症
53 高尿酸血症以外はCK上昇の可能性がある

54 a下痢 便秘  
b発汗過多 皮膚乾燥 
c圧痕性浮腫 nonpitting edema 
eアキレス腱反射亢進 アキレス腱弛緩相の遅延

55 甲状腺ホルモンにより心拍数増加、心負荷がかかり心筋虚血を生じることがある