国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 A問題 38 難易度D

78 歳の女性。手指振戦と動作緩慢とを主訴に来院した。1 年前から手指の震えが出現し、次第に動作が緩慢になっていた。半年前から物忘れを自覚していた。1 か月前から、誰もいないのに「人が座っている」と訴えたり、「蛇がいる」と怖がったりするようになったため、1 週前にリスペリドンを少量投与したところ、四肢の筋強剛と流涎とを認めるようになった。
この疾患にみられるのはどれか。
a 側頭葉内側の萎縮
b 後頭葉の糖代謝の亢進
c 後部帯状回の血流低下
d 心臓交感神経機能の亢進
e 基底核ドパミン取り込みの低下
























  

e 基底核ドパミン取り込みの低下

パーキンソン症状とリアルな幻覚からLewy小体型認知症
リスペリドンの副作用が出やすいという点も矛盾しない。
高齢の男性に多く、レム睡眠行動障害(RBD)がみられることもある。

検査方法としてはドパミントランスポーターのSPECT検査が2014年1月に保険適応された。

兵庫県保険医協会のページが分かりやすく説明してあります。
リンク:認知症の基礎知識 -アルツハイマー型、レビー小体型、前頭側頭型- 兵庫県保険医協会

DDD
各論 Ж

この疾患に典型的→特徴的 の方が適切ですね。
1つ選べなのでeが正解ですが、複数解答でも良い気がします。

| 管理人 | 2015/01/08 09:59 | URL |

レビーでぐぐったら、側頭・頭頂連合野や後部帯状回に加えて、後頭葉に広範に血流低下や糖代謝の低下がみられるってあるんだけどcは?アルツハイマーに特徴的なのは分かるけど、レビーにもみられるから正解ではないんですかね?

| 学生 | 2015/01/08 01:38 | URL |