国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 A問題 37 難易度B

78 歳の男性。微熱と血痰とを主訴に来院した。2 か月前から咳嗽と喀痰とを自覚していた。 1 か月前から微熱と全身倦怠感とを自覚するようになり、1 週前から血痰が出現するようになったため自宅近くの医療機関を受診し、胸部エックス線写真と胸部単純 CT にて異常を指摘された。カルバペネム系抗菌薬で治療されたが改善がないため紹介されて受診した。既往歴に特記すべきことはない。
身長 162 cm、体重 60 kg。体温 37.6 ℃。脈拍 72/分、整。血圧 112/68 mmHg。呼吸数 16/分。SpO297 %(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。
血液所見:赤血球 418 万、Hb14.5 g/dl、Ht 41 %、白血球 9,300(桿状核好中球 10 %、分葉核好中球 45 %、好酸球 1 %、単球 10 %、リンパ球 34 %)、血小板 34 万。CRP 5.0 mg/dl。
自宅近くの医療機関での胸部エックス線写真(別冊 No. 13A)と肺野条件の胸部単純 CT(別冊 No. 13B)とを別に示す。
確定診断に有用な検査はどれか。
A37.jpg
a 結核菌特異的全血インターフェロンγ遊離測定法〈IGRA〉
b 喀痰抗酸菌 PCR 法
c 喀痰塗抹検査
d 喀痰嫌気培養
e PET/CT
























  

b 喀痰抗酸菌 PCR 法

持続する咳嗽、血痰、炎症反応上昇、抗菌薬無効、空洞性結節影から抗酸菌感染症(結核、MAC)が疑われる。
診断のためには喀痰抗酸菌PCR法が有用。

関連問題:102I73

BBB
画像参照
関連類似
各論 Ж