国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 E問題 63 - 65 難易度B

34 歳の男性。熱傷のため搬入された。
現病歴 : 自宅で就寝中に火災が発生して熱傷を負い、救急車で搬送された。
既往歴 : 生来健康で、特記すべきことはない。
生活歴 : ※※は 20 本/日を 14 年間。※※※ 3 合/日を 14 年間。
家族歴 : 特記すべきことはない。一人暮らし。
現 症 : 意識レベルは JCSⅡ-20。身長 173 cm、体重 60 kg。体温 37.4℃。脈拍 136/分、整。血圧 84/62 mmHg。呼吸数 36/分。SpO2 88 %(リザーバー付マスク 10 l/分 酸素投与下)。頭髪は焦げ、両上肢と体幹の皮膚に熱傷を認める。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口唇と鼻孔周囲とに煤の付着を認める。口腔と咽頭の粘膜は煤が付着し浮腫状である。両側の胸部に coarse crackles を聴取し、吸気時に喘鳴を聴取する。四肢末 の脈拍は触知可能である。熱傷深度と熱傷範囲を表した図(別冊 No. 15)を別に示す。
検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血 2 +。血液所見:赤血球 561 万、Hb 17.7g/dl、Ht 50 %、白血球 21,400、血小板 36 万。血液生化学所見:Na 136 mEq/l、K 3.9mEq/l、Cl 101 mEq/l。血中一酸化炭素ヘモグロビン濃度 20 %(基準 1 以下)。胸腹部の簡易超音波検査では、心囊液貯留を認めず、胸腔や腹腔に液体貯留を認めない。

63 9 の法則で評価したこの患者の Burn Index はどれか。
a 54
b 45
c 36
d 27
e 18

64 まず行う対応として適切なのはどれか。
a 経管栄養
b 気管挿管
c 抗菌薬投与
d 昇圧薬投与
e 上肢の減張切開

65 Baxter の公式を用いた場合、この患者の受傷後 24 時間の乳酸リンゲル液の輸液量の目安はどれか。
ただし、Baxter の公式では最初の 24 時間の輸液量を 4 (ml)×体重(kg)×熱傷面積(%)とする。
a 12,960 ml
b 10,800 ml
c 8,040 ml
d 6,480 ml
e 4,320 ml
E-63 2
























  

63 - c   64 - b   65 - b

63 熱傷範囲を計算する場合にはⅡ度以上の部位で計測する。やけどは成人の9の法則と、小児の5の法則は確実におさえておく必要がある。 参考サイト外リンク:やけどケア.jp

64気道熱傷の場合の気道浮腫に注意が必要。気管挿管できなくなる前に速やかに対応。

65 Baxter の公式にあてはめて計算するだけ。4 (ml)×体重(kg)×熱傷面積(%) = 4 x 60 x 45 = 10800