国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 A問題 34 難易度D

36 歳の女性。分娩後の頭痛と視野障害を主訴に来院した。妊娠 28 週ころから頭痛、30 週から左眼の視野障害が出現した。多尿や多飲はない。身長 165 cm、体重62 kg。脈拍 76/分、整。血圧 118/74 mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。対面法による視野検査により両耳側に欠損を認める。
尿所見:比重 1.024、蛋白(-)、糖(-)。
血液生化学所見:AST 33 IU/l、ALT 17 IU/l、クレアチニン 0.6 mg/dl、血糖 92 mg/dl、総コレステロール 124 mg/dl、Na 140 mEq/l、K 3.8 mEq/l、Cl 104mEq/l、アンジオテンシン変換酵素〈ACE〉18 U/l(基 準 8.3〜21.4)、TSH 0.15μU/ml(基準 0.2〜4.0)、FT4 0.74 ng/dl(基 準 0.8〜2.2)、ACTH 11.4 pg/ml(基 準 60 以下)、コルチゾール 1.8μg/dl(基準 5.2〜12.6)、GH 2.7 ng/ml(基 準 5 以下)、IGF-I 164ng/ml(基 準 112~271)、プロラクチン 25.4 ng/ml(基準 15 以下)。
免疫血清学所見:CRP 0.3 mg/dl、抗サイログロブリン抗体 24 U/ml(基準 0.3 以下)。
頭部単純MRI の T1 強調矢状断像(別冊 No. 11A)と頭部造影 MRI の T1 強調冠状断像(別冊 No.11B)を別に示す。
最も考えられるのはどれか。
A34.jpg

a 髄膜腫
下垂体腺腫
c 頭蓋咽頭腫
サルコイドーシス
e リンパ球性下垂体炎
























  

e

・視野障害(両耳側欠損) 視交叉
・トルコ鞍から鞍上にかけて占拠病変
・抗サイログロブリン抗体 自己免疫性疾患疑い
・妊娠中

画像をみてb下垂体腺腫を選んでしまいそうだが、上記条件を満たすのはe リンパ球性下垂体炎。治療にはステロイドが使われる。

関連問題 103回 I問題 35 

DDD
画像参照
関連類似
各論 Ж