国家試験ちゃんねる 


≫ EDIT

108回 G問題 56 難易度A

21 歳の女性。 1 か月持続する発熱と右頸部リンパ節の腫大とを主訴に来院した。1 年前にも同様の症状があり軽快している。これまでに性感染症の既往はない。
体温 38.2 ℃。脈拍 80/分、整。血圧 120/62 mmHg。皮膚に発赤など所見を認めない。右頸部に圧痛を伴う径 1 ~1.5 cm の軟らかく可動性のあるリンパ節を 4 個触知する。他の部位にリンパ節を触知しない。口蓋扁桃の腫大を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。肝・脾を触知しない。
血液所見:赤血球 442 万、Hb 12.9 g/dl、Ht39 %、白血球 3,250(桿状核好中球 14 %、分葉核好中球 37 %、好酸球 2 %、単球10 %、リンパ球 37 %)、血小板 24 万。血液生化学所見:総蛋白 7.5 g/dl、アルブミン 4.7 g/dl、総ビリルビン 0.5 mg/dl、AST 19 IU/l、ALT 22 IU/l、LD 255 IU/l(基準176〜353)、尿素窒素 12 mg/dl、クレアチニン 0.5 mg/dl。免疫血清学所見:CRP 1.0mg/dl、VCA IgG 抗体 1 倍(基準 10 以下)、VCA IgM 抗体 1 倍(基準 10 以下)、抗核抗体 8 倍(基準 20 以下)。
胸部エックス線写真に異常を認めない。頸部リンパ節生検ではリンパ節組織は傍皮質を中心に境界の比較的明瞭な壊死とマクロファージの浸潤がみられる。
最も考えられるのはどれか。
a HIV 感染症
b 悪性リンパ腫
c 伝染性単核球症
d 亜急性壊死性リンパ節炎
e 全身性エリテマトーデス〈SLE〉
























  

d

解説は近日公開